便秘に悩む方に青汁みらいが効果的?そのメカニズムについて

便秘に悩む方に青汁みらいが効果的?そのメカニズムについて

青汁みらいは特に便秘に悩む人の救世主とされていますが、なぜ青汁みらいで便秘解消が可能なのでしょうか、そのメカニズムを探ってみましょう。

 

善玉菌を増やす要素がたくさん

便秘の原因は便が固すぎる、腸の蠕動運動が機能していない、便が十分な量ではないという3つの要素が重なったためです。

 

ストレスや栄養不足など様々な要因で起こるのですが、特に野菜不足の方は便秘と密接な関係があります。

 

青汁みらいが便秘にいいとされている理由は、腸の働きを改善してくれる善玉菌を増やす要素が含まれているからです。

 

それがフラクトオリゴ糖と難消化性デキストリンです。

 

フラクトオリゴ糖は善玉菌の餌となって善玉菌を増やしてくれます。

 

難消化性デキストリンも食物繊維の一種ですから善玉菌を増やしてくれるのですが、それだけではなく腸の蠕動運動を刺激し腸に十分な量を与えてくれます。

 

一般的に不溶性食物繊維を取る人は多いのですが、水溶性食物繊維は不足しやすいと言われています。

 

胃酸に溶けない難消化性デキストリンは便秘体質の方にお勧めの成分なのです。

 

善玉菌の働きを助ける乳酸菌

さらに青汁みらいには米ケフィランという植物性乳酸菌が含まれています。

 

20世紀から研究が進められた乳酸菌で、低脂質のため食事の摂取カロリーや栄養に影響を与えません。

 

また腸の蠕動運動や便秘解消には善玉菌と悪玉菌のバランスが大切なのですが、便秘の方は腸内細菌のバランスが崩れた状態です。

 

善玉菌2に対して悪玉菌1が正常なのですが、便秘になると同等数だったり、逆転したりしてしまいます。

 

そこで長寿地域のコーカサスで食べられているケフィアと日本のお米を組み合わせた書億物性乳酸菌米ケフィランを取り入れることで腸内細菌のバランスを取り、善玉菌2に対して悪玉菌を1にし、残りの日和見菌を善玉菌の味方にすることができるのです。

 

便秘解消に未来青汁が効果的と言われる理由は、このように善玉菌を増やして腸の動きを活性化する3つの要素が含まれているからと言えるでしょう。

このページの先頭へ